白髪の予防・改善のために食べるべきものとは?

白髪を予防するためには、生活習慣の見直しが必要です。

生活習慣として、睡眠不足、頭皮の清潔、飲酒、タバコ、ストレスなどを見直す必要がありますが、そのなかでも特に重要なのが「食生活の見直し」です。

なぜなら、白髪の原因であるメラニン色素の働きの衰えは、髪の毛に必要な栄養素が行き届いていないことが考えられるからです。

では、どのような食事をすれば、白髪を予防・改善することができるのか?

まず、白髪予防の代表的な食べ物として、昆布やワカメ、ヒジキなどの海藻類が挙げられます。

海草類には天然のミネラルが豊富に含まれています。ミネラルは細胞を活性化し、メタ認識その働きを活発にさせます。また、海藻類にはメラニン色素を増やすカルシウムも豊富に含まれているのも特徴です。

また、海藻類だけでなく、胡麻も白髪に良いと言われています。

胡麻の中でも、特に黒胡麻には「アントシアニン」というメラニン色素を活性化させる働きのある成分が含まれていますし、カルシウムやセサミンなども含まれているためオススメです。

ビタミン類ではビタミンEは白髪予防として欠かせません。

ビタミンEには抗酸化作用が強く、血流の働きを良くしたり、老化を防ぐ効果があるため、白髪予防に役立ちます。ビタミンEは主にアーモンドなどのナッツ類に含まれているため、小腹が空いたときなどに食べてみてください。

このように白髪を染めるためには、栄養を考えた食生活を送ることが大事です。

最近ではサプリメントも様々な種類が販売されており、簡単に栄養素を補うことができます。「白髪が増えてきたかも・・・」と感じ始めてきた人は、まず食生活の見直しをしてくださいね。