白髪の色落ちを防ぐためには?

どうしても市販のカラーリングは、色落ちをしてしまうという事実があります。

人によって持続性は違いますが、大体1~2週間程度で白髪を染めた部分が金色になってしまったり、白髪に戻ってしまうことが多いようです。

特に、明るめの色に染めたときには色落ちが激しく、結果、何度も染め直すことになります。

何度も染め直せば、見た目には変わらないという考え方もありますが、染める回数が多ければ多いほど、髪の毛や頭皮に与えるダメージも大きくなるため、白髪染めを使って、1~2週間で色落ちしてしまうのは、大きな不満と言えます。

では、白髪染めの色落ちを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

白髪染めの色落ちを防ぐためには、やはり美容室などに行き、プロに染めてもらうことが最も良い方法と言えます。

美容室で染めて1~2週間で色落ちするということはありません。
むしろ、そんなに簡単に色落ちしていたら大クレームになります。

そのため、美容室で使っているカラーリングの薬剤は市販の成分とはまったく違い、持続性が高いものを使用しています。また、プロの技術によって染められるため、ムラなくキレイな仕上がりになります。

もちろん、髪へのダメージも最小限に抑えられるように考えられているため、その点から考えても安心です。

しかし、そうは言っても、白髪が増えるたびに美容室で染めていては、お財布的に結構な負担になってしまいます。

なぜなら、美容室で染めた部分に関しては効果が持続しますが、新しく生えてきた部分は、また新たに染めなければいけないからです。

そこで便利なのが自宅でできるヘアカラー白髪染めです。

ひとくちに、自宅でできる白髪染めと言ってもさまざまなものがあります。

その多くは刺激が強く、髪の毛にダメージを与えてしまいがちな成分が多く含まれているものです。それらの白髪染めは、即効的に簡単に染めることができると言う点で魅力ですが、頭皮のトラブルを起してしまうことも少なくありません。

何度も使う白髪染めですから、やはり頭皮に優しく、髪の毛へのダメージの少ない白髪染を選びたいものです。

そこで、私がオススメしたいのが、頭皮や髪の毛にダメージの少ない天然植物成分の色素を配合した白髪染めです。

天然植物由来の色素が含まれているものであれば、何度利用しても頭皮や髪にダメージを与えることなく、安心して使い続けることができます。また、最近は白髪を染めるだけでなく、トリートメント効果のある白髪染めも多く販売されています。

このように頭皮や髪の毛に負担が少ないというポイントを基準にして選ぶことで、失敗せずに白髪染めを選ぶことができます。

頭皮にも髪の毛にも優しい天然成分の白髪染めをウマく活用し、白髪対策をしてください。