どうして若白髪が生えてくるのか?

白髪は加齢が原因となることが多いのですが、最近は高齢の方だけでなく、20~30歳代の人から、小学生までも白髪が生えている子もいるというほど、年齢が関係ない問題になってきました。

若いうちから生えてしまう白髪を「若白髪」と言います。
ここでは、最近増えてきている若白髪の原因について説明します。

若白髪の原因とは?

まず、若白髪の代表的な原因として「遺伝」が挙げられます。

両親やおじいちゃん・おばあちゃんがが白髪の場合、若いうちから白髪になりやすい体質であることが分かっています。

そして、もう1つ、最近増えているのが「ストレス」による若白髪です。

ストレスは髪の毛に色を定着させるメラニン色素の働きを悪くさせます。その結果、若い人でも白髪が増えてきてしまうのです。

実は、学校や家庭のことなど、周りの大人が、気がつかないだけで、ストレスを抱えている子供は年々増えています。

そして、そのストレスが原因となり、小学生でも白髪の生える子供が増えているのです。

白髪染めでカバーする

若白髪や小さな子供の白髪は、大人が思っているよりも深刻な悩みになっている可能性があります。

特に思春期の子供は周囲の視線が気になる年ごとですから、白髪が生えていることだけで、子供の心を深く傷つけることになるのです。

そして、このような悩みが、さらに白髪を増やす原因になることもありますので、できる限り早く解決をしてあげるべきです。
子供は回復力が早く、代謝も盛んですから、ストレスや悩みなどを解消することで、比較的早く、黒髪に戻ることも多くあります。あわてずに、適切なケアをすることが必要です。

具体的には、子供のストレスを解消してあげたり、食生活を見直すなど、生活習慣の乱れを改善することが大事なポイントとなります。

また、すぐにでも白髪をなくしたいのであれば、ヘアカラーや白髪染めなどを使って、髪を染めてあげることもオススメします。

大事なのは、子供だからと思って軽く考えないこと。
一緒に白髪の悩みを解決してあげてくださいね。