白髪染めの色・カラーを選ぶときの注意点

これまで白髪染めで髪を染めるといえば、色は黒やブラウンを選ぶ人がほとんどでした。

しかし、最近では白髪を染めるときにも「オシャレをしたい」という考えが高まり、定番の黒やブラウンだけでなく、華やかなカラーも人気となっています。

ですから、白髪染めをドラッグストアなどで購入する際には、サンプルの色や、商品のパッケージを見てカラーを選んでみてはいかがでしょうか?

しかし!ここで注意しなければいけないのが、自分の髪質や髪の量によって、仕上がりが変わってくるということです。

イメージしたものと全然違った仕上がりになってしまう可能性もあるため、白髪染めをする前には、あらかじめ自分の髪質や量を把握しておいてください。

白髪の量と染めたときの色合い

白髪染めを使って髪の毛を染めるときには、白髪の量によって全体の仕上がり具合が変わってきます。

基本的に白髪はどのような色で染めても明るめの色に染まります。

ですが、黒髪はもともとの色が黒いため、明るい色の白髪染めを選んだとしても、仕上がりが暗めになります。

このようなことから白髪が多い人が髪の毛を明るく染めたいときには希望通りのカラーを選ぶと良いのですが、白髪が少なく、黒髪が多い人が、全体的に明るめの色に仕上げたいと思う場合には、自分が希望する色のワントーン明るめの色を選ぶことが必要です。

逆に、暗めの感じにしたいときには、白髪が多い人はワントーン暗い色の白髪染を選び、黒髪が多い人は、希望通りの色の白髪染を選ぶことをオススメします。

髪の質でも色合いが変わります

白髪染めは、細く柔らかい髪の毛は染まりやすいですが、太く硬い髪の毛は染まりにくいと言う特徴があります。

ですから、白髪染めを選ぶときには、自分の髪質や白髪の量を考えることが必要です。

また、頭髪に白髪染めを塗布した後、決められた放置時間より長く放置しておくと、明るさをコントロールすることができ、仕上がり具合も変わってきます。

ですが、あまりにも長い時間放置してしまうと、頭皮を傷めてしまったり、髪の毛の質も悪くなってしまいます。また、明るさも明るくなりすぎてしまうなどのトラブルとなりますので、微調整程度にし、あまり長時間の放置はしないようにしてください。