白髪染めに使われているヘナって何?

白髪染めと言えば「ヘナ」が配合されているものが人気です。
そこで、初めてヘナという言葉を聞いた人もいると思いますので、ヘナについて説明します。

ヘナは、身体にも髪にもやさしい天然成分100パーセントのヘアカラーです。

主にインドや中近東などで自生しているハーブの一種で、古くから草木染めの染料として使われてきた低木植物です。

ヘナの葉っぱを乾燥させたり、すり潰すことで染料として使われており、あの古代エジプトの女王「クレオパトラ』も好んで髪の毛につけたり、爪につけたりしてオシャレを楽しんでいたと言われています。

さらに、ヘナの成分には薬効があり、皮膚疾患や止血、吹き出物、防腐剤としての使用も可能なのです。

つまり、髪の毛に優しいだけでなく、使い続けることでこれらの薬効が発揮され、髪の毛をより健康的に、艶やかに染め上げることができるというメリットがあるのです。

また、髪を染めるだけでなく、ヘナに含まれているたんぱく質の成分がトリートメント効果を発揮してくれます。

このようなことから、ヘナが含まれている白髪染めは人気があるのです。

しかし、ヘナは天然の草木の粉末のため、余分な色素成分が配合されていません。

これは他のヘアカラー剤のように、様々な色に染めることはできませんし、髪質や体質などにより、個々人で発色の度合いも変わってくるということです。

ですから、ムラなく単一に染め上げたいという人や、髪の毛がほとんど白髪になっているという人には、ヘナは向いていません。

どちらかと言えば、最近白髪が気になり始め、髪に負担をかけることなく自然に髪を染めたいという人にオススメしたいです。

白髪が気になり始めたというレベルであれば、髪に大きな負担をかける市販の白髪染めよりも、天然成分のヘナの白髪染めを選択した方が、髪の健康にとっても良いですよ。