白髪が生えてくるのを防ぐには、何をすれば良いのか?

年を重ねると増えてくる白髪ですが、白髪が増えることは防げないのか?
というと、そのようなことはありません。

最近では、生活習慣の乱れから白髪になっている人も多く、生活習慣を見直せば白髪を予防することができるかもしれません。

普段の生活において、どのようなポイントに注意しなければいけないのかをまとめましたので、是非チェックしてください。

食生活を改善する

まず、基本的なこととして、1日3食を栄養バランス良く食べるようにしてください。最近では若者を中心として、朝食を食べない人が増えています。食事は健康の源ですから、毎日きちんと食べることを心がけてください。

そして、栄養成分で言えば、毛髪の生成に関わるビタミンやミネラルを豊富に摂取するようにしてください。はっきり言って、現代人はビタミンやミネラルが不足しているため、白髪になりやすいのです。

具体的な食べ物としては、ワカメなどの海藻類や、カキや蜆などの貝類、ほうれん草などの緑黄色野菜を意識して多めに摂取することをオススメします。

これらの食材は、白髪対策だけでなく、抜け毛・薄毛予防にもつながるため、食べておくと良いですよ。

充分な睡眠をとる

髪の毛は寝ている間に最も成長します。
それは、睡眠中に成長ホルモンの分泌が盛んになるからです。

ですから、健康な髪の毛を生やしたいときには、睡眠をしっかりととり、成長ホルモンの分泌を活性化させることが必要です。

定期的に運動をする

実は運動をすることも、白髪を減らすためには必要なことです。

運動をすることで、筋力が付き、血液の循環が良くなります。その結果、栄養がしっかりと頭皮まで行き渡り、黒々とした健康的な髪が生えてくることにつながるのです。

ちなみに、運動をするときには激しい運動をするよりも、毎日少しずつ身体を動かし、少しずつ筋力をつけていくことが大事です。

朝起きたとき、仕事の合間、寝る前などに、軽いストレッチをするように心がけるなど、まずはできる範囲で良いので、毎日の生活の中で運動する習慣をつけていくようにしてください。

ストレスを貯め込まない

強いストレスは、メラニン色素を形成する「メラノサイト」の働きを悪くし、白髪の大きな原因となります。

また、慢性的なストレスは、頭皮の血行を悪くし、毛の根元にある髪の毛を生成する「毛乳頭」の働きも悪くしてしまいます。

毛乳頭の働きが悪くなると、白髪が徐々に増えていくだけでなく、薄毛や抜け毛の原因にもなるなど、頭皮には悪影響を与えることになるのです。

現代人はストレスを抱え込みやすいと言われています。ストレスは白髪だけでなく、他の病気の原因にもなりますので、できる限り貯め込まないように気をつけてください。