一般的な白髪染めはどのような仕組みで髪を染めているのか?

白髪染めは、配合されている成分の性質により白髪を染めることができます。

白髪染めを購入すると、パッケージの箱の中に、「1剤(主にジアミン系の色素中間体)」と「2剤(過酸化水素が含まれた成分)」という2つの薬剤が入っています。

この2つの薬剤をを混ぜ合わせて塗布することで、黒褐色、赤色、黄色などの色に髪を染めることができるのです。

重要な働きをする成分として、1剤に含まれているアルカリ剤には、髪のキューティクルを強制的に開く働きがあります。

キューティクルが開かれることで、髪の毛の内部にまで染料を流し込むことができ、髪の毛をしっかり染めることができるようになるのです。

さらに、このアルカリ剤には、髪の毛が持っているメラニン色素を分解し、脱色させる働きもします。

この働きにより、髪の毛に浸透した染料と、分解されたメラニン色素がお互いに結合し、水に溶けない物質に変わるのです。その結果、一定時間放置した染料を洗い流しても、色落ちせず、しっかり髪の毛に定着することができるようになります。

アルカリ剤は髪にとっては少々刺激が強い成分ではありますが、それだけしっかりと白髪を染め、持続させることができるのです。

ただ、白髪を染めた後、キューティクルが開きっぱなしの状態で放置してしまうと、髪質がどんどん傷んでしまうため、ヘアケア専用のシャンプー、リンス、トリートメントなどでしっかりと髪を保護することは忘れないようにしてください。