4タイプの白髪染め

白髪染めは、大きく分けると4種類になりますが、一概にどのタイプの白髪染が良いということができません。

人それぞれ、髪質や白髪の進行具合などが異なりますから、それぞれのタイプのメリット・デメリットを知った上で、自分にぴったりなものを選んでください。

ヘアカラータイプ

キューティクルを開き髪の毛の内部に染料を浸透させる方法のヘアカラータイプの白髪染め。

直接髪の毛に染料をしみこませているため、他の白髪染めよりも効果が長く持続し、キレイに発色させることができます。

しかし、キューティクルを強制的に開いて染めるため、頭皮や髪の毛にとっては刺激が強すぎてアレルギー反応を起す可能性もあります。

ヘアカラーを使用する前には、必ずアレルギー反応を調べるパッチテストが必要で、体調の良い時に行うようにするなどの工夫が必要です。

ちなみに、液状の他にもクリームタイプやジェルタイプのものもあるため、あなたが染めやすいタイプのものを選んでください。

ヘアマニキュアタイプ

染料を髪の毛の表面にだけ定着させるヘアマニキュアタイプの白髪染は、ヘアカラータイプの白髪染とは異なり、髪の毛のキューティクルを傷つけずに着色することができます。

髪の毛や頭皮に与えるダメージも少なく済みますし、髪の毛の表面をコーティングする仕組みですからツルツルでキレイな髪に仕上げることができます。

しかし、髪の内部にまで染みこませていないため、着色力が弱く、効果の持続が短いというデメリットもあります。

そのため、ヘアカラーで髪の毛を痛めてしまった人や、頭皮のトラブルが気になる人にオススメの染め方です。

カラースプレータイプ

カラースプレーは一時染め用の白髪染めです。

髪の毛に直接塗布するため、髪や頭皮を傷めずに手軽に使うことができますが、シャンプーをすると消えてしまうので持続性は低く、しっかりと染め上げたい人にはむいていません。

逆に言えば、カラースプレータイプは非常に簡単に塗布することができるため、お出かけの前にちょっと気になった箇所を染めるなどには、とても便利です。

また、ヘアカラーやヘアマニキュアをしている人で、新しく生えてきた白髪を隠すなど、一時的に使用するのにオススメです。

シャンプータイプ

最近、インターネットなどで人気を集めているのがシャンプータイプの白髪染めです。

シャンプータイプの白髪染めは毎日シャンプーをするだけで、自然に髪の毛が染まっていきます。全体的に髪を染めることができるため、新しく生えてきた白髪だけが目立つという心配はありません。

ただ、効果が出るまでに時間がかかるため、すぐにでも白髪を染めたいという方には向いていないため、長い時間をかけても良いので、じっくり、自然に髪の毛を染めていきたいという方にオススメしたいタイプです。