白髪染めの後はしっかりシャンプーすべし

白髪染めの後は、しっかりシャンプーをして、ケアすることが必要です。

染めた後に薬剤をきちんと洗い流すことができていなければ、髪の毛や頭皮にダメージを与えることになります。

また、白髪染めのアルカリ剤によりキューティクルが開かれた状態のままで放置しておくと、髪の毛は外部からの刺激を防ぐことができず、さらに傷みやすくなりますし、せっかく浸透した染料も早く落ちてしまい、白髪染めの効果が持続しません。

ですから、白髪を染めた後は、シャンプー、リンス、トリートメントを念入りに行い、キューティクルを閉じるようなケアをしてください。できれば、ヘアカラー専用のものを使うとさらに髪のダメージを最小限に抑えることができますよ。

白髪染め後のシャンプー手順

1.薬剤をしっかりと洗い流す

髪のケアとして、まずは薬剤をしっかり洗い流してください。熱めのお湯だと、それだけで髪の毛に負担をかけてしまうため、ぬるま湯で頭皮全体をしっかりとすすぐことがポイントです。薬剤が残っていると、シャンプーの泡立ちも悪いため、すすぐときのお湯の色が透明になるほど、しっかりと洗い流すことを心がけてくださいね。

2.ヘアカラー専用シャンプーで洗う

髪の負担を最小限に抑えるため、ヘアカラー専用のシャンプーで、もう一度洗ってください。ヘアカラー専用のシャンプーの特徴として、染料が流れ落ちてしまうのを防ぎながら、アルカリ剤を洗い流し、弱酸性の髪の毛に戻すなど、白髪染めをした後には最適です。

髪を洗うときには、キューティクルが傷みやすいため、髪同士をこすらないように気をつけて洗うようにしてください。髪をこすりすぎると、摩擦によってダメージヘアを作ることになりますので、優しく丁寧に洗うようにしてください。

3.リンスとトリートメントで仕上げ

最後にリンスとトリートメントで仕上げましょう。ヘアカラー専用のリンスとトリートメントを使うことで、アルカリ性になった髪の毛を弱酸性に戻し、キューティクルを閉じることができます。キューティクルを閉じなければ、髪はどんどん傷んでいきますので、リンスとトリートメントは欠かさずに行ってください。

このようにきちんとシャンプー、リンス、トリートメントでケアすることで、キューティクルが戻り、髪の毛のダメージを抑えることができます。また、キューティクルを引き締めることで、染料もしっかりと定着し、白髪染めの持続効果もUPさせることができるため、ケアはしっかりとやってください。

ちなみに、髪の毛が完全に弱酸性に戻るのには、数日間かかります。白髪染めをした当日だけでなく、数日間はヘアカラー専用のシャンプー、リンス、トリートメントを使い、ケアするようにしてください。