アレルギー体質と白髪染め

アレルギー体質の人は白髪染めを使用するときには注意が必要です。

そもそも白髪染めは、刺激の強い成分で作られているため、アレルギー体質でない人でも、長期間使用すると頭皮や髪の毛にトラブルを引き起こすことがあります。

具体的な頭皮のトラブルとしては、かゆみ、かぶれ、湿疹など、髪の毛のトラブルとしては、パサつき、きしみなどがあります。これらのトラブルは何度も使用したり、長期間使用し続けることで頭皮や髪の毛にダメージが蓄積され、突然発生することもあります。

その中でも、特にアレルギー体質の方はトラブルを引き起こしやすいため、市販の白髪染めを使用する際には注意が必要となります。

ですから、白髪染めを使用する際には、いつも大丈夫な人であっても、そのときの体調によって反応がことなったりしますので、必ずパッチテストを行ってから使用するようにしてください。

アレルギー症状を引き起こす可能性がある成分について

市販の白髪染の代表的な成分である酸化染毛剤の一種「パラフェニレンジアミン」は、毛髪の中に浸透すると酸化して発色する性質があります。

パラフェニレンジアミンは、酸化すると強力な染料になり、髪の毛一本一本を叱り染め上げることができる優秀なものです。そして、その含有量が多ければ多いほど、その効果は抜群に期待できます。

しかし、その反面、パラフェニレンジアミンには、強いアレルギー反応を引き起こす可能性がある成分でもあります。

具体的には、頭皮のかゆみ、発赤、発疹、ただれ、かぶれなどの皮膚トラブルが起こる可能性があるのです。

そして、特に気をつけて欲しいのが「アナフィラキシー」という急性ショック症状が起こることもあります。

このアナフィラキシーにより、激しい喉の痛み、咳、食欲不振、舌や喉のむくみによる呼吸困難などが起こってしまった場合、状況によっては命に関わる危険もあるのです。

ですから、白髪染めをする際には、必ずパッチテストを行い、アレルギー反応が出た際には、使用を控え、強いアレルギー症状であれば、すぐ医療機関に相談するようにしてください。

アレルギー体質の方も使える白髪染め

では、アレルギー体質の人は白髪を染めることはできないのか?
というと、そんなことはありませんので、安心してください。

アレルギー体質の人はジアミン系無添加の天然白髪染めを使って、染めることをオススメします。

このジアミン系無添加の白髪染めは、頭皮に優しく、髪の毛にも優しいのが特徴です。

その理由は、酸化染料ではなく、天然色素であるクチナシやヘナが使用されているため、敏感肌の人でも肌に負担をかけることなく、安心して使うことができるからです。

自分の身体にも、地球にも優しい天然成分は、美容の分野でも人気が高く、話題となっています。アレルギー体質の方は是非お試しください。