白髪を染める前には、必ずパッチテストをやるべし!

白髪染めを使うときには、パッチテストは絶対行ってください。

パッチテストは腕の内側に薬剤を塗布し、長時間置いたときにどのような反応が出るのかを調べるテストです。このテストを行うことで、白髪染めを使うときに異常が現れるかどうかがわかります。

特に、アレルギー体質の方は、白髪染めを使ったことで呼吸困難や激しい喉の痛みなど、重いアレルギー反応が出るケースもあるため、欠かさずやるようにしてください。

パッチテストの手順について

では、パッチテストの手順を紹介します。

1.薬剤を少量ずつ混ぜ合わせる

パッチテストを行うときには、まず使用する白髪染の薬剤を調合してください。1剤・2剤を少量ずつ混ぜ合わせるときに、綿棒などを使うと綺麗に混ざりますし、塗布しやすいので、オススメです。

2.肌に塗布する

調合した薬剤を、腕の内側に500円玉くらいの大きさで良いので塗ってください。腕の内側に薬剤を塗るのは、腕の内側は薬剤の影響を受けにくく、反応が出た場合でもすぐに洗い流せるというメリットがあるからです。

3.乾燥させる

塗ったら、自然に乾燥させてください。30分ほどで乾くようであればOKですが、30分たっても乾かないときには、薬剤を塗りすぎているため、余分な薬剤を拭き取ってください。

4.規定の時間まで放置する

製品のパッケージや、取り扱い説明書に書いてある規定時間まで放置してください。アレルギー反応が出る時間は人によって様々です。規定時間も最大で48時間となっていますので、それくらいは放置しておくようにしてください。

5.結果を確認する

パッチテストの実施中に、薬剤を塗った箇所で赤みや発疹、カユミ、かぶれ、水泡などの症状が出た場合には、すぐ洗い流してください。そして、反応が出た場合にはその白髪染めの使用は控えるようにしてください。症状が強く、洗い流したあとも数日間症状が消えない場合には、皮膚科などの医療機関に相談してください。

パッチテストの注意点

パッチテストで注意して欲しいのは、一番初めにテストをしたときにアレルギー反応が出なかったからといって、今後もずっとアレルギー反応がでないというわけではない!ということです。

体調が悪いときだけでなく、これまで長期間に渡って白髪染めを使用した結果、頭皮や髪にダメージが蓄積されている場合でも、急にアレルギー反応が出ることもあります。

ですから、白髪染めを使うときには、ちょこちょこパッチテストを行うことを習慣付けるようにしてくださいね。