生え際を染めるリタッチ法とは?

白髪を染めるときに、最も染めるのが難しいのが生え際です。
この生え際を上手に染める方法として、リタッチ法がオススメします。

私たちの髪の毛は、日々新しく生えてきますから、白髪染めをしても、どうしても生え際に白髪が目立ってしまいます。

そのたびに、全体染めの白髪染めをつかっていると、髪の毛が軋んだり、頭皮にトラブルが起きたりします。頭皮や髪の毛のダメージを避けるためにも、生えてきた部分のみを染めるリタッチ法で、白髪対策をしてください。

全体染めよりも手軽に、そして気楽に使うことができるリタッチ法は、頭皮や髪の毛のダメージを減らすことができることができるというメリットがあります。

生え際をリタッチ法で染めるするときには、新しくのびてきた部分の生え際中心に薬剤を塗り、規定時間放置します。

一気にザッと塗ってしまうのではなく、まず生え際の根元を中心に薬剤を塗ることがポイントです。

規定時間放置し、その後、薬剤を他の部分に薄く延ばすように塗ります。このように、生え際と、以前染めた部分の放置時間に差をつけることで、全体の仕上がりを違和感なく染めあげることができます。

また、以前染めた部分の放置時間を短くすることで、蓄積されている髪の毛のダメージも減らすことができるのです。

ちなみに、どうしてもリタッチ法で白髪を染める時間がない、、、という人は、一時染めタイプで対応する方法もあります。

一時染めのタイプには、スティックタイプや、スプレータイプなどがあり、髪の毛の表面に色をつけるだけのもので、シャンプーをすると洗い流すことができます。

応急処置的に白髪を隠すことができるため、外出前に鏡を見て、気になった部分など、ササッと染めることができるというメリットは大きいですね。

あなたが染めやすい方法を選んで、白髪を染めてくださいね。