市販の白髪染めは安全に使えるものなのか?

最近では、白髪染めはドラッグストアやスーパーマーケットなどで様々な種類のものが販売されており、誰でも簡単に購入することができます。

医薬品ではないため、基本的に誰でも使うことはできますが、お肌が弱い人や、アレルギー体質の人などは注意が必要です。

なぜなら、白髪染めに含まれている成分が、頭皮や髪のトラブルを引き起こす可能性があるからです。

頭皮・髪の毛のトラブルとは?

敏感肌やアレルギー体質の人が白髪染めを使用すると、白髪染めの有効成分である刺激の強い酸化染料によって頭皮がかぶれたり、湿疹が出たりすることがあります。また、この強い刺激によって、髪がぱさついたり、軋むこともあるのです。

ここで特に覚えておいて欲しいのが、以前使用したときには何もトラブルが起きなかったとしても、繰り返し使用することで、髪や頭皮にダメージが蓄積し、トラブルが発生する可能性があるということです。

一度使って問題がなかったからといって、ずっとトラブルが起きないわけではないので、利用する前には必ずパッチテストをするようにしてください。

パッチテストの徹底が必要

パッチテストとは腕の内側など、皮膚の柔らかいところに薬剤を塗って、一定時間放置し、アレルギー反応が起こるかどうかを確認するテストのことです。

パッチテストをした部分が赤く腫れたり、カユミを伴う場合には、その白髪染めを使うのが控えましょう。

また、ハッチテストは初めて使用するときだけでなく、いつも使っている場合でも行うようにしてください。

先ほども説明しましたが、体調やダメージの蓄積から、トラブルが発生する可能性もあるからです。

髪や頭皮にトラブルを起こさないように、パッチテストを徹底して行い、自分の頭皮に合う白髪染めを選び使うようにしてください。